紫雲膏(しうんこう)について

漢方の外用薬 紫雲膏(しうんこう)のご紹介

久能平安堂の推奨品
漢方外用薬の代表的な軟膏「紫雲膏(しうんこう)」は江戸時代の外科医 華岡青洲によって改良され、消炎、鎮痛、止血、殺菌、肉芽形成促進などの作用があります。純粋な植物製剤で、化学薬品、添加物などは一切使わずに作っています。刺激もなく安心して長くご使用いただけます。「久能平安堂 紫雲膏」はおかげさまで大好評。自信を持っておすすめする良い薬です。お肌の万能薬としてご家庭に常備ください。

成分の『当帰 ANGELICAE RADIX』はセリ科の植物トウキの根で、筋肉や皮膚をよく潤し化膿しているハレものの排膿を早めて傷口をふさぐ働きがあり、末梢血管拡張作用、BおよびTリンパ球活性化作用、抗腫瘍作用、内因性インターフェロン誘起作用などが明らかにされています。『紫根 LITHOSPERMI RADIX』はムラサキ科の植物ムラサキの根で、紫色素 アセチルシコニン(C16H10O6)を含み、解毒、解熱、殺菌の効果があり、肉芽の発生を促進し、皮膚真菌に対し、抗菌作用および殺菌作用、炎症作用があります。紫雲膏はこの2種類の生薬をゴマ油で抽出したものです。ゴマ油は加熱することで抗酸化作用が増すことがわかっています。

下記のようなときに「紫雲膏(しうんこう)」のすばらしい効果が体験できます。お困りの方は是非一度お試しください。

皮膚疾患

湿疹、主婦湿疹、アトピー性皮膚炎のドライスキン、乾癬、角皮症、唇・手・足・かかと・ひじのひび、あれ、あかぎれ、口角炎、水虫、魚の目、たこ、いぼ、あせも、かぶれ、ニキビ、吹き出物、化膿性のできもの、はれもの、しみ、水疱、しもやけ、びらん、ただれ 虫刺され など

外科的疾患

やけど、切り傷、擦り傷、痔(いぼ痔による疼痛・肛門裂傷、出血、脱肛)、褥瘡(床ずれ)、ひょう疽 など

成分・分量

1540g中に次の成分を含んでいます。

成分 シコン トウキ ゴマ油 ミツロウ 豚脂
分量 120g 60g 1000g 340g 20g

用法・用量

適量を皮膚に塗布してください。

製造販売元

久能平安堂薬局

価格

2,100円(税込み)40グラム入り

お問い合わせ

pagetop