漢方について

漢方薬とは?

漢方薬とはどのようなものですか?

漢方薬はおよそ2000年前の中国で生まれ、5世紀頃日本に伝わってから 日本人に合うよう独自に発展を遂げた 日本が世界に誇る伝統的な薬です。現在中国で行われている医学(中医学といいます)の薬の使い方とは色々な違いがあります。

また、「私は漢方薬を飲んでいる」と言う方に聞いてみると、ウコンやイチョウ、ドクダミ、センナ、アロエ、カモミール、田七、高麗人参(朝鮮人参)、冬虫夏草、クマノイ、ギムネマ茶など様々な天然物由来のものが挙がりますが、これらは民間薬やハーブ、健康食品などにあたり、いずれも漢方薬ではありません。(高麗人参は漢方薬の処方を構成する生薬にはなっていますが…)【このことは、マスコミは勿論、医師や薬剤師でも判っていない人が多いのです。なぜなら、ごく限られた大学以外では漢方薬及び東洋医学の教育はされていないからです。研究熱心な一部の人が自分で勉強し、その知識・技術を身に付けているのが現状なのです。】

漢方薬は医学書古典の「傷寒論」(しょうかんろん)、「金匱要略」(きんきようりゃく)を主軸とし、例外はありますが通常数種~十数種の生薬、鉱物、動物薬などが組み合わされ、決められた割合で一つの処方が構成されています。散剤(粉薬)、丸薬の形態もありますが、煎じ薬になっているものが多いのです。すべての処方には名前がついており(葛根湯など)、その運用方法が決められています。処方の運用にあたっては、陰陽、虚実、寒熱、気・血・水など漢方独特の物差しを使い、その人が今 病気との戦いの中でどのステージにあるか見極め、その病態に応じた処方を用います。これを誤ると治らないばかりか、かえって悪い結果になることもあります。

漢方薬の最大の特徴は「からだ全体を調整すること」と言えます。漢方では、病気や不快な症状を心身のアンバランスにより引き起こされていると考え、内的要因(内因)、いわゆる「体質」を重要視し、その人が本来持っている「元に戻す力・治す力」を高めるよう働くのです。ですから、具合の悪い部分だけでなく気分も含めてその人全体の調子が良くなります。抑えるだけの対症療法ではなく根本治療と言われる所以です。

現代医療に不安や不満のある方、お医者さんからもらう薬が身体に合わない方、副作用を心配されている方、検査では何の異常もないのに実際具合が悪くてお困りの方。「漢方薬」があります。是非ご利用下さい。きっとお役に立ちます。

どんな病気・症状に良いのですか?

あなたが体調を崩して医師の診察を受け、治って満足するような場合には、現在では漢方の出る幕はありません。誰でも、自ら進んで「漢方をのんでみよう」とは、まず思わないでしょう。それでよいのです。優れた現代医療を安価で受けることが出来るのは、国民皆保険制度のある日本国の長所といえます。したがって漢方の出番は、

◆現代医療では治療の対象としないもの あるいは 有効な治療法がないもの

【具合が悪いのに、検査では問題なしとされ医師や家族からは「気のせいだ」などと相手にされない・お医者さんからもらった薬を服んではいるが、いつまでも具合が良くならない などでお困りの方】

◆現代医療と併用すると効果の良いもの
◆現代医療における化学合成医薬品にアレルギーや不安のある方
◆東洋医学独特の考え方である「未病を治す」【「予防」と解釈してください】に共感される方

ということになってきます。いずれの場合も漢方の得意分野ですから、希望を持って是非ご相談下さい。参考までに、上記4点に該当し、漢方二千年の歴史で効果の証明されている病名や症状の一部をあげます。

アレルギー疾患 アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、気管支喘息 など他
女性の病気 月経異常・月経困難症・子宮内膜症(生理痛、生理不順、無月経)、月経前緊張症(イライラ、憂うつなど感情不安定)、不妊症、流産癖、つわり、産後の精神不安症状、冷え症、更年期障害、子宮筋腫、膀胱炎、尿路不定愁訴、閉経後の膣炎、かゆみ、おりもの、不正出血、貧血 など他
お年寄りの病気 かすみ目、尿失禁、排尿障害(夜間頻尿・残尿感など)、しびれ、腰痛、便秘、しつこい咳・痰、動脈硬化による諸症状(頭痛、めまい、肩こり)、口の中の渇き、皮膚掻痒症(かゆみ)、体力低下 など他
お子様の病気 虚弱体質、アレルギー体質(鼻・のど・耳・肌・気管支の症状)、喘息性気管支炎、起立性調節障害(朝起きられない、立ちくらみ)、自家中毒、夜尿症、チック、ネフローゼ症候群、夜泣き、癇のむし など他
生活習慣病、ガン 高血圧症、糖尿病、高脂血症、痛風、肥満、ガン術後の体力回復・再発予防 など他
皮膚の病気 じんましん、湿疹、ニキビ・吹き出物、おでき、皮膚掻痒症(かゆみ)、手掌角皮症、主婦湿疹、肌あれ、多汗症、円形脱毛症、しみ、しもやけ、水虫・いんきんたむし など他
心・精神・神経の病気・症状 不定愁訴症候群、自律神経失調症、不安神経症、心臓神経症、咽喉頭異常感症、不眠症、うつ病、てんかん、過呼吸症候群、パニック障害、微熱、耳鳴り、ストレスからくる諸症状 など他
消化器系の病気・症状 機能異常・不定愁訴症候群、慢性胃炎、胃弱、慢性膵炎、慢性肝炎・肝機能障害、慢性胆のう炎、胆石、過敏性腸症候群、便秘、下痢、腸閉塞(イレウス)、痔出血・脱肛(切れ痔・いぼ痔)、口内炎 など他
耳鼻咽喉科の病気・症状 慢性副鼻腔炎(ちくのう)、慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、慢性咽喉頭炎、反復性扁桃炎、咽喉頭異常感症(病変がないのにのどのつかえが気になる)、めまい、滲出性中耳炎、鼻出血 など他
整形外科の病気・症状 肩こり、腰痛、ひざ関節痛、神経痛、リウマチ、五十肩、こむら返り、しびれ など他
泌尿器科の病気 尿路不定愁訴、慢性・反復性膀胱炎、前立腺肥大症、慢性前立腺炎、男性不妊、インポテンス など他
その他 カゼ、こじれたカゼ、むくみ、慢性頭痛、偏頭痛、慢性気管支炎、低血圧、しゃっくり、乗り物酔い、眼精疲労、脳卒中後遺症、手術後・大病後の体力回復、生活習慣病の予防 など他

お問い合わせ

pagetop